2017年01月30日

耳をすませば

こんにちは
かおるです。

金曜ロードショーで久しぶりに
映画「耳をすませば」を観ました。



柊あおい原作漫画では、作家を目指す月島雫と
画家を目指す天沢聖司(せいじ)の話だったのに、
ジブリになったら、バイオリン職人を目指している聖司くん。

いないよね〜、中学でバイオリン職人を目指しているなんて、子どもは。

宮崎駿、斬新な設定にしてくれますよね。
夢を追う少年少女を強調されたんですね。

「耳をすませば」を検索すると、天沢聖司ストーカー説が
けっこう書かれている。
雫が読むであろう本を予測して片っ端から借りて、
図書カードに名前を残しておくとか、
隣に座ったことに気づいてないだろとか・・・
言われてみれば確かに。

これ、ストーカーと言ってもいいかも。
ですが、ストーカー認定はされた側が嫌だった場合なので、
雫が嫌じゃなければ、ストーカーではないのです。

イケメンって得だわ(笑)

好きなのは、この雫がカントリーロードを歌うシーン。
聖司はバイオリンで演奏をしていて、
おじいちゃんトリオも合奏をしてくれる。
とっても賑やかで楽し気な演奏シーン。

カントリーロードがほんとにいい曲だと思う。
雫役の本名陽子さんが歌うカントリーロード




アラフォーには、図書カードだって懐かしいはず。
今はバーコードで読み取るけどね〜

アナログがよかったことって、意外とありますよね。


ラベル:耳をすませば
posted by かおる at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

明日への手紙 手嶌葵

こんにちは
かおるです。

今日は、手嶌葵さんの
「明日への手紙」について。

この曲は「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
こんなタイトルのドラマの主題歌でした。

まずこの長いタイトル、気になってドラマを見ました。
でも、全部を見ることはできなかったな〜
夢中になるほどの内容には感じられなくて、
だけど、この主題歌はものすごく好きで、
コバソロさんが安果音さんとコラボしてyoutubeに
アップしている画像はなんども聴いてしまうほど、素敵だ。



明日への手紙は1曲目に収録。
テルーの唄やコクリコ坂からも収録があって、
手嶌さんの声の魅力をたっぷり聴ける1枚だと思う。

癒しの声。
手嶌葵さんの声にとっても憧れます。

ラベル:CD 手嶌葵
posted by かおる at 00:29| 東京 ☀| Comment(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

キンモクセイの香りと記憶

こんにちは。
かおるです。

キンモクセイが香り始めましたね!

キンモクセイ20160929DSC_1195.JPG


だいたい毎年、9月の終わり頃
ふいにどこからともなく香りだす
独特の甘い香りです。

まわりを見回すと、どこかの家の庭先に
オレンジの小さな花をつけた
キンモクセイの木を見つけます。

それまでそこにキンモクセイがあることなど
まるで気づかなかったのに、
この香りはけっこう強くて、開花するといたるところで、
キンモクセイの香りがふわふわ、ふわふわと漂っています。

香りは、特定の記憶と結びつきやすいものです。

行ったことのある場所の写真、
聞いたことのある音楽、
嗅いだことのある香り・・・


人の視覚や聴覚、嗅覚などから思い出される記憶は、
それぞれ脳の別の部分にしまわれています。
人はそれぞれの刺激から記憶を呼び起こすことがありますよね。

中でも嗅覚は、においを感知すると、
脳の中の情動を司る扁桃や、記憶を司る海馬へと送られるため、
ほかの感覚情報に比べ、より一層記憶を呼び起こしやすいことがわかっています。


私はキンモクセイの香りで、当時、知人からもらった
散ったキンモクセイを撮った何気ない写真を
今でも毎年、鮮明に思い出します。
もう10年くらい前の出来事なんですが。


その画像を送ってもらったことが、すごくうれしかったんです。

香りと記憶の結びつきの強さを
キンモクセイの香るこの季節にいつも思い出します。




posted by かおる at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。